ブックタイトル山形医療技術専門学校 2018学校案内

ページ
11/16

このページは 山形医療技術専門学校 2018学校案内 の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

山形医療技術専門学校 2018学校案内

Department of Occupational Therapy4年間の学習の流れ授業と臨床実習での学びを段階的にステップアップしていく4年間。1年次の基礎科目から、作業療法士に求められる多彩な専門基礎科目、専門科目へと実践的に学びます。対象者の心身の理解から治療計画の立案まで、学年ごとに飛躍的に伸びる知識・技術が学習への意欲と自信を高めます。1年次基礎2年次専門基礎3年次専門4年次実践作業療法のための幅広い知識を養う1年次では、豊かな人間性を磨き、幅広い知識を修得するために、心理学、社会学等の基礎科目や作業療法の基盤となる解剖学、生理学、運動学、人間発達学等の科目を学習します。解剖学見学実習では、実際に献体に触れ、筋肉や血管、神経などの走行を確認することで人体の構造についてより理解を深めることができます。また、作業療法士の役割を学ぶための臨床見学実習により2年次への学習意欲が高まります。対象者を理解するための基礎知識を深める2年次では、対象者の心身機能の状態を把握するための知識・技術を作業療法評価学で学びます。また、その疾病について理解を深めるために臨床医学を学びます。基礎的な評価技法の習得を目的に5日間の評価実習(検査・測定)を行うことで、知識を実際の現場で活かすことを体験します。実践のための知識・技術を学ぶ3年次では、1・2年次で学んだ基礎知識を活用しながら、対象者に適した作業療法プログラムを立案するための知識・技術を修得します。3週間の評価実習では、2つの異なる分野において対象者を担当し、作業療法プログラムを立案するまでの流れを体験します。この実習により今までの学びの成果が分かり、4年次の治療実習に向けての課題が明確になります。作業療法士としての実践力を磨く4年次では8週間ずつ2つの異なる分野において治療実習を行います。複数の対象者を担当し、評価、目標設定、プログラム立案、実施、再評価までの一連のプロセスを体験することで、臨床能力を高めます。また、徹底した国家試験対策を行い、合格を目指します。視聴覚機材を使った分かりやすい講義歩行器を使った歩行訓練手の機能の検査実技を多く取り入れた授業11