ブックタイトル山形医療技術専門学校 2017学校案内

ページ
6/16

このページは 山形医療技術専門学校 2017学校案内 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

山形医療技術専門学校 2017学校案内

Department of Physical Therapy理学療法学科多様化する社会のニーズに応えられる広い視野と実践力のある理学療法士を養成しています。高齢化社会の急速な到来、健康の維持・増進などを背景に社会のニーズはますます多様化しており、保健・医療・福祉全般にわたる広い視野、高い教養と実践力を持ち、豊かな人間性を備えた理学療法士が望まれています。本校では学生主体の学習方法を重視し、問題基盤型学習を軸として問題解決能力の育成を教育目標とした授業を取り入れています。4年間の学習の流れ実習先となる医療機関や施設は100ヶ所以上。基礎的な知識の学習と並行して、段階的に実習経験を積み重ね、4年次には現場で役立つ実践的なスキルがしっかりと身に付くような、充実したプログラムを用意しています。1年次基礎理学療法の基礎知識を身につける1年次では、入学直後の理学療法概論実習において、これから目指す理学療法士の現場での仕事について見聞を深めることから始まります。その後、人間の身体を理解することを目的に、理学療法の基礎となる解剖学・生理学・運動学などを幅広く学びます。解剖学見学実習では、実際に献体に触れ、筋肉や血管、神経などの走行を確認することで人体の構造についてより理解を深めることができます。学びのポイント意欲ある人が積極的に学べる、最高の教育環境を整備。基礎から応用、そして実践に至るまで、充実したカリキュラムで個々の能力を存分に引き出し、学生一人ひとりの「やる気」を力強くサポートしています。2年次専門基礎理学療法の基礎的な技術を学ぶ2年次では学内での学習効率を高めるための実習として2週間のクリニカルクラークシップが行われます。この学年では1年次に学んだ基礎知識を基に理学療法士として必要な疾患に関する知識を学ぶとともに、評価、運動療法、物理療法などの専門基礎分野の学習を行います。理学療法の専門性を深める豊富な実習で実践的な技術を磨く実習時間は4年間で合計1,170時間。これは、実際の医療現場で必要とされる実践的な技術を徹底的に磨き上げていくためのカリキュラムです。1年次から段階的に現場経験を積み重ねていきます。自ら考え自ら学ぶ理学療法士は理学療法対象者の抱える問題を的確に評価(診断)し、その問題を解決するためのアプローチを行わなければなりません。本校では、これを可能にするために『問題解決能力』の育成を重視し、学生が自ら考え自ら学ぶことが可能となるようなワークショップ形式の授業を多く取り入れています。予防リハビリを学び高齢社会に対応日本の高齢人口は、この先も増加傾向が続きます。そこで、今求められているのが予防のためのリハビリテーション。身体機能の衰えを防ぎ、元気に暮らしていくための予防的な技術を学びます。ワークショップ形式の授業3年次専門4年次実践3年次では1・2年次に学んだ基礎的知識を活用し、より専門性を高める授業を展開します。また、これまでに学んだ知識や技術を基に、臨床における実践能力を育成することを目的として2つの実習を行います。2週間の理学療法評価技術実習では、実際の対象者(患者)に対して検査測定を実施し評価技術を修得します。4週間の理学療法診断学実習では、検査測定の結果を統合解釈して対象者(患者)の障害構造を把握し、統合解釈能力を高めます。治療に関する実践力を高める4年次では、計14週にわたる臨床実習を行います。この実習では実際に対象者(患者)を担当し、評価から問題点抽出、プログラム立案、治療といった理学療法の一連のプロセスを経験します。実習が終了すると、本格的な国家試験対策が始まります。最新設備で人体を科学的に理解する三次元動作解析装置をはじめ、筋力測定機器、呼気ガス分析装置や重心動揺計などの設備機器が充実しており、人体を科学的に理解するための学習環境が整っています。筋力測定機器を使った授業基礎的な知識を学ぶ広々とした水治療室での演習応用歩行練習実技を多く取り入れた授業パソコンを使った授業06 07