ブックタイトル山形医療技術専門学校 2018学校案内

ページ
8/16

このページは 山形医療技術専門学校 2018学校案内 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

山形医療技術専門学校 2018学校案内

幅広く学べる充実した授業内容医学の発展とともに日々進歩する理学療法の世界に対応すべく、最新のリハビリテーション機器や情報を授業に取り入れながら、幅広い分野の知識と技術を着実に伝えていきます。時代のニーズに即した理学療法をしっかり学べるのも少人数・四年制教育ならではの強みです。基礎解剖生理学人間の身体を理解するため、骨、筋、神経などの身体の構造や、呼吸、循環、代謝などの生体の生命維持に必要な機能について、標本模型などを利用した実習を通じて学びます。運動療法技術論中枢神経疾患や整形外科疾患などに対する運動療法について、具体的な方法ならびに適応や禁忌について実技演習を中心に学びます。理学療法評価学演習身体に障害を有する対象者に対しての関節可動域測定、筋力テスト、感覚検査などの理学療法評価の方法や技術を学びます。さらに、臨床場面を想定しながら実技演習を行うことで、対象者とのコミュニケーションの方法についても学びます。物理療法技術論温熱療法や電気刺激を用いた治療などの物理療法の実施方法や、対象者の障害に適した物理療法の選択について、十分な実技演習を通して学びます。ADL技術論ADL(人が生活するために毎日繰り返される一連の身体動作群のこと)についての概要や、それぞれの疾患におけるADLの評価や対象者への指導方法について実技演習を通して学びます。理学療法研究法(発展的理学療法論)科学的根拠に基づく理学療法を行うために研究の必要性を学び、研究活動に必要な一連の過程(テーマ決定から論文作成)を習得します。幅広い教養も身に付けながら、人体に関する基礎知識をしっかり学び、段階的に基礎技術から専門的な知識を深め、技術を高めていけるカリキュラム編成です。多彩で豊富な実習科目や現場実習の充実により、現場で活かせる実践的なスキルを身に付けることが可能です。08