資料のご請求学校案内理学療法学科作業療法学科就職・求人ガイド入試・授業料等受験をお考えの方へ在校生・卒業生の声キャンパスライフ卒業生の方へよくあるご質問アクセス

TOP >> 在校生・卒業生の声

在校生・卒業生の声

在校生の声

作業療法学科 西塚 美空
 作業療法士になるためには、基礎分野から専門分野まで様々な知識や技術が必要になります。学ぶことは沢山ありどの科目も内容は難しいですが、本校では先生方が1つ1つ丁寧に教えて下さるので学ぶ意欲が高まり、聞いて伝えることによって理解が深まります。また、患者様と信頼関係を築くためにコミュニケーション力が必要になりますが、講義のスタイルはグループワークが多いため、自然にコミュニケーション力を付けることができます。
 仲間と目標に向かって共に励んだ学生生活は、今後の人生の糧になると思います。


理学療法学科 鈴木 壮弥
 私の理想とする理学療法士は、身体だけでなく心にも目を向け患者様に信頼されるセラピストです。
この目標を叶えるため、日々の勉強はもちろん、相手の立場になって物事を考えることを意識しながら生活しています。
入学当初は勉強量の多さに慣れるのが大変かもしれませんが、熱心に1つ1つ丁寧に指導してくださる先生方、勉強の相談などに親身になって応じてくださる先輩方のお陰で、常に高い意識を持って勉強に励むことが出来ています。また、授業形態も学生が主体となって行うものが多く、仲間たちと共通の目標に向かって日々努力し、充実した学校生活を送っています。

▲TOPヘ

卒業生の声

朝日町立病院 作業療法士
阿部 忍 (2期生)11年度卒
 作業療法は「人」に関わる仕事です。対象者はもちろん、その方を取り巻く家族や他の医療職など、いろいろな「人」と関わりながら日々仕事をしています。そんな仕事の中で重要になるのが「上手にコミュニケーションをとること」だと思います。私は本校の特徴でもあるワークショップ形式の授業の中でその基本となる部分を学ぶ事ができました。それは教えられてわかるものではなく自分自身で考えていくものだと思います。私は本校の学習スタイルで学べたことがとてもよかったと感じています。


理学療法士
佐原 いづみ (5期生)14年度卒
 4年間の学生生活は、決して楽なものではありません。しかし、厳しい勉強でも充実した学生生活を送れたのは、先生方が各生徒の個性に合わせた指導をしてくださったからだと思います。また、先輩方も体験を基に様々なサポートをしてくださいました。このようなバックアップがあったことで、理学療法士になるという夢を現実にすることができたと思います。

▲TOPヘ

アクセス お問合せ サイトマップ TOPにもどる