イメージ画像

学科紹介 Department

作業療法学科

“こころ”と“からだ”のリハビリテーション。臨床の現場で通用する知識と技術を備えた人間性豊かな作業療法士を養成しています。

リハビリテーション対象者の多くは心と身体の両面の支援を必要としています。作業療法士は、身体機能はもちろんのこと心理・社会面を含め総合的にアプローチをするリハビリテーション専門職です。対象者の多様なニーズに応え、リハビリテーション・チームで活躍できる豊かな人間性を備えた作業療法士を育てます。また、本校は作業療法教育の世界基準を満たしたWFOT認可校でもあり、国際的な視野に立った教育を目指しています。

学びのポイント

実践的な知識と技術を修得するため、4年間にわたって段階的に充実したカリキュラムで学びます。医療機関・施設などでの臨床見学実習は1年次からスタート。見学から少しずつ段階を踏んで進めます。また、対象者と触れ合うことで、欠かせない豊かなコミュニケーション能力も養います。

豊富な実習で確かな知識と技術を修得する
臨床実習は4年間で1,000時間以上。1年次の見学実習から4年次の総合的な実習へと段階的に積み重ねます。実習施設は病院はもとより、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設、通所リハビリテーション等、多岐にわたります。
問題解決能力、コミュニケーションスキルを磨く
対象者の心身機能、能力(活動)、社会参加に及ぶ複雑な問題を解決し、より良い生活をデザインするのが作業療法です。そのため、グループワーク形式の授業を多く取り入れ、「自ら考え、自ら学ぶ」態度を身に付けます。また、リハビリテーション・チームの一翼を担えるように豊かな人間性を伸ばします。
予防・教育・職業的リハビリテーションを学ぶ
国内でも高齢化率が高い山形県。高齢者がいつまでも元気にいきいきと生活できるように介護予防のリハビリテーションの手技を学ぶことで、地域に貢献できる人材を育てます。また、発達に遅れのある子どもたちの教育的リハビリテーションや若い対象者の就労支援における作業療法の取り組みを学びます。
最新設備で作業活動の治療特性を多角的に学ぶ
対象者の作業活動の状態を把握し、より適した作業活動を治療手段として提供するためには、作業活動が心身機能に及ぼす特性を科学的に分析する視点が必要です。三次元動作解析装置、筋力測定器、重心動揺計、心拍計や各種心理検査等の機器・設備が充実している学習環境で実践的に学びます。

学科の特色

作業療法士が接するのは子どもから高齢の方まで。対象者の年齢や障がいのあり方、また、本人が求める機能回復・支援も様々です。対象者一人ひとりの心の問題から就労に関することまで、実践的な知識や技術を豊富な実習とともに学びます。

  • 生理学実習
    生理学実習

    中枢神経や呼吸循環の機能について学びます。血圧計や心電図計、筋電図計などの様々な機器を用いて体験的に学ぶことで、基礎的な知識を深めることができます。

  • 身体障害作業療法評価学
    身体障害作業療法評価学

    脳卒中、頚髄損傷、関節リウマチ、パーキンソン病、末梢神経損傷等、様々な病態を理解しながら、引き起こされる身体障害の特徴や評価手法を学びます。また、外見からは分かりにくい高次脳機能障害の特徴についても学びます。

  • 精神障害作業療法評価学演習
    精神障害作業療法評価学演習

    心のリハビリテーションは作業療法士の大きな役割です。精神障害領域では、対象者の表情やしぐさ等の小さなサインに気づき、細やかに対応できる能力が要求されます。対象者との面接方法、観察方法等の基礎技法について学びます。

  • 義肢装具学
    義肢装具学

    切断の病態や切断のリハビリテーションについて理解し、義手・装具の特徴や適応方法について学びます。まとめとして適切な評価や治療ができるように、実際にスプリント(装具)の作製を行います。

  • 発達障害作業治療学
    発達障害作業治療学

    臨床医学で学んだ疾患(肢体不自由)の知識を確認しながら、発達障害に対する理論・評価・治療について理解を深めます。また、保育実習を通じて、乳幼児における定型発達を学びます。

  • 日常生活技術学
    日常生活技術学

    身体障害のある対象者の日常生活の自立度を高め、介護量を軽減するための評価手法や支援方法を学びます。対象者を取り巻く環境に着目し、方法の工夫、様々な福祉用具の活用についても演習形式で学びます。

カリキュラム

基礎分野 … 科学的思考の基盤 人間と生活
専門基礎分野 … 人体の構造と機能及び心身の発達、疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進、保健医療福祉とリハビリテーションの理念
専門分野 … 基礎作業療法学、作業療法評価学、作業療法治療学、地域作業療法学、臨床実習

分野 1年次 単位 授業時数
1年次総授業時数/960(34単位)
基礎分野 社会学 2 30
心理学 2 30
情報処理学 2 60
文章構成法 2 30
保健体育 2 60
総合英語Ⅰ 2 30
総合英語Ⅱ 2 30
専門基礎分野 運動機能解剖学 2 60
神経解剖学 1 30
内臓解剖学 1 30
体表解剖学演習 1 45
解剖学見学実習 1 45
動物生理学 2 60
植物生理学 1 30
生理学実習 1 45
運動学Ⅰ 2 60
運動学Ⅱ 1 30
人間発達学 1 30
臨床心理学 1 30
リハビリテーション概論 1 30
専門分野 作業療法概論 1 30
基礎作業学演習 2 90
臨床見学実習 1 45
分野 2年次 単位 授業時数
2年次総授業時数/840(26単位)
専門基礎分野 運動学Ⅲ 1 30
病理学 1 30
整形外科学 2 60
内科学 2 60
神経内科学 2 60
精神医学 1 30
小児科学 1 30
老年医学 1 30
一般臨床医学 1 30
リハビリテーション医学 1 30
専門分野 身体障害作業療法評価学 2 60
精神障害作業療法評価学 1 30
発達障害作業療法評価学 1 30
身体障害作業療法評価学演習 1 45
精神障害作業療法評価学演習 1 45
発達障害作業療法評価学演習 1 45
身体障害作業治療学Ⅰ 1 30
日常生活技術学Ⅰ 2 60
地域作業療法学Ⅰ 1 30
生活機器・環境学 1 30
評価実習(検査・測定) 1 45
分野 3年次 単位 授業時数
3年次総授業時数/1005(28単位)
専門分野 作業分析学演習 1 45
作業療法研究法Ⅰ 1 30
身体障害作業治療学Ⅱ 2 60
身体障害作業治療学Ⅲ 2 60
精神障害作業治療学Ⅰ 2 60
精神障害作業治療学Ⅱ 1 30
発達障害作業治療学Ⅰ 2 60
発達障害作業治療学Ⅱ 1 30
身体障害作業治療学演習 1 45
精神障害作業治療学演習 1 45
発達障害作業治療学演習 1 45
老年期作業治療学 2 60
義肢装具学 1 30
日常生活技術学Ⅱ 1 30
地域作業療法学Ⅱ 1 30
職業余暇活動技術学 1 30
評価実習 7 315
分野 4年次 単位 授業時数
4年次総授業時数/840(19単位)
専門分野 作業療法研究法Ⅱ 1 30
治療実習Ⅰ・治療実習Ⅱ 18 810

教員紹介

鈴木 竜平

学科長鈴 木 竜 平

(作業療法士)
E-mail
suzuki@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・内臓解剖学 ・作業分析演習 ・精神障害治療学Ⅰ ・研究法Ⅱ ・植物生理学 ・生理学実習 ・作業分析演習
学生への期待
作業療法士への道は、その基礎知識、技術の習得へ向けて大変な努力が必要となります。私も当校の卒業生として、その苦労は十分理解しています。しかし、その努力の先に対象者の笑顔があることを想像してください。今、学んでいる学生の皆さん。これから学ぼうとしている皆さん。作業療法は本当にすばらしい仕事です。自分達の夢に向かい、遊ぶときは遊び、やるべき事を明るく、楽しみながら全力をもって行うことを期待します。
ただ今は「ひたすら努力」です・・・
石垣 純子

主 任石 垣 純 子

(作業療法士)
E-mail
ishigaki@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・動物生理学 ・リハ概論 ・基礎作業学演習 ・精神障害評価学 ・精神障害評価演習
学生への期待
作業療法士は医療と福祉の峡間に位置する職種です。
作業療法の「作業」とは一般的にイメージされる手作業や農耕ではなく、私たちの一人ひとりの生活を育むすべての行為・活動を「作業」と称しています。私たち作業療法士は対象者自身が大切にしている生活に基づいた活動を用いて、障害があっても、高齢であっても「その人らしい生活」を主体的に獲得・遂行するために、心と体に働きかけ治療・支援を行う仕事です。
本校での学びは「自分のために」あり、そして何よりも「患者さんのために」あるのです。4年間の作業療法の学びを通して専門家としてだけではなく人間としても自分自身を成長させ、対象者への「広い視野」と「低い視点」を養ってほしいと期待します。
太田 健次

教 員太 田 健 次

(作業療法士)
E-mail
oota@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・老年医学 ・老年期治療学 ・義肢装具 ・地域Ⅱ ・運動学Ⅱ ・日常生活Ⅰ ・研究法Ⅰ
学生への期待
授業で理解できることは限られています。多くの事を吸収しなければならない為、時間の効率を考えながらポイントを把握し、必ず他の知識との関連性を考えることで、理解度が深く、広くなると思います。
武田 祐児

教 員武 田 祐 児

(作業療法士)
E-mail
y-takeda@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・運動学Ⅲ ・身体障害評価学 ・身体障害治療学Ⅱ ・身体障害評価演習 ・身体障害治療学Ⅰ ・身体障害治療演習※
学生への期待
常に自分の言動が利用者の生活にどのような影響を与えているのかなどと考えていくことが大切だと思います。しかし、このことは普段の生活の中で家族や友達などとの人間関係でも同じことが言えると思います。
作業療法士として利用者のことが好きで、話をすることが好きで自ら何でも楽しく行動することが必要だと思います。
たくさんの人と接して、触れて、話していきましょう。「私にできることがきっとある。あなたにもできることがきっとある。」の、こころを持って・・・。
内田 弘子

教 員内 田 弘 子

(作業療法士)
E-mail
uchida@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・発達障害評価学 ・発達障害治療学Ⅰ ・日常生活技術学Ⅱ ・動物生理学 ・発達障害評価演習 ・発達障害治療演習※
学生への期待
作業療法は、生活を支えることだと思います。障がいを負うことで、これまでの生活が一転してしまいます。それでも何とか生活していかなければなりません。その方の生活が元に近づけるように、その方の生活がより良い方向へ向き、そして維持し続けられるためのお手伝いができる職種です。生活のしづらさを理解し、受け止め、支持すること、そして心と身体のバランスを維持できるよう働きかけることが出来る分野が、作業療法だと思います。
障がいを負った方の悲しみや苦しみ、痛み、悔しさ、苦しさ…を感じ取り、それらを自分の思いや知識を持って向き合える作業療法士を、そして、その人がその人らしく幸せであるために、その人の笑顔をたくさん引き出し、そして作業療法士自身も笑顔になれる、そんな作業療法の楽しさを見つけてみませんか。
石澤 正夫

教 員石 澤 正 夫

(作業療法士)
E-mail
ishizawa@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・作業療法概論 ・精神障害治療学Ⅱ ・発達障害治療学Ⅱ ・職業余暇活動 ・地域Ⅰ ・生活機器 ・精神障害治療演習※
学生への期待
近年、作業療法士の働く環境は「医療、福祉、教育、地域、行政」と活動の場が広がっており、患者様の多様なニーズに応えられる人材が求められる時代になっています。学生時代は、学業や実習と苦労することもありますが、「私は作業療法士になる」そう決意したときから、夢を現実にするためにどんなことにも挑戦し続けていく「勇気」が必要です。本校で学んだこと(学業・余暇・先輩からの指導等)を活かし、当事者中心に考えられる作業療法士になっていただきたいと思います。
稲村 卓哉

教 員稲 村 卓 哉

(作業療法士)
E-mail
inamura@ymisn.ac.jp
主な担当科目
・運動機能解剖学 ・リハ医学 ・身体障害治療学Ⅲ ・体表解剖 ・運動学Ⅰ
学生への期待
作業療法は、「作業的存在」として人を取り扱う専門職です。人は作業(セルフケア、仕事、遊び等)を連続的に行いながら生活しています。そのような、当たり前のことが思うように行えなくなってしまった方が作業療法の対象となります。置かれた立場やこれまで送ってきた人生は様々です。例えば、30代の働き盛りの男性、主婦として3人の子供を育て上げた90代の女性・・・・
そのような多様で複雑性を持つ対象者を支援する作業療法士は、他者に興味を持ち、配慮できることが大前提となります。学生には基本的な知識や技術の研鑽はもちろんですが、そういった人間性についても多くの学びを重ねていくことを期待します。

在校生・卒業生の声

在校生からのメッセージ
尾箸 亮太

作業療法学科2年尾箸 亮太

(九里学園高等学校出身)

私は、患者様に寄り添いニーズに応えることができる作業療法士を目指しています。そのために臨床の現場で働く上でより専門的な知識や技術をたくさん学ばなければなりません。本校は授業特色の1つとしてグループワークを積極的に取り入れています。生徒同士が主体的に取り組むことでコミュニケーション力を図るためのスキルや人間性が養われます。臨床実習も豊富で実践的な技術を身につけることができるので、多分野で活躍できる作業療法士を目指せる学校だと思います。

西塚 美空

作業療法学科3年西塚 美空

(山形県立北村山高等学校出身)

作業療法士になるためには、基礎分野から専門分野まで様々な知識や技術が必要になります。学ぶことは沢山ありどの科目も内容は難しいですが、本校では先生方が一つひとつ丁寧に教えて下さるので学ぶ意欲が高まり、聞いて伝えることによって理解が深まります。また、患者様と信頼関係を築くためにコミュニケーション力が必要になりますが、講義のスタイルはグループワークが多いため、自然にコミュニケーション力を付けることができます。

仲間と目標に向かって共に励んだ学生生活は、今後の人生の糧になると思います。

卒業生からのメッセージ
佐藤 隼人

クラスメイトと助け合いながら学校で過ごす一日一日が大切

日本海総合病院〈山形県〉 勤務

作業療法士佐藤 隼人

(山形県立酒田光陵高等学校出身)

山形医療技術専門学校では、理学・作業療法士の基本的知識を身に付けることができます。4年間の学校生活は決して楽な道のりではありません。しかし、辛い時はクラスメイトと助け合いながら、先生方に相談しながら学校生活を送ることができます。また、学校の授業だけでなく、実際に病院や施設に実習に行き、社会性や忍耐力を身に付けることができます。

学校生活で過ごす一日一日がとても大切であり、将来の自分に良い結果として返ってきます。興味のある方は、本校に見学に来て下さい。

鈴木 早穂

現代のニーズに応えられる幅広い知識・技術を身につける

公立藤田総合病院〈福島県〉 勤務

作業療法士鈴木 早穂

(山形県立楯岡高等学校出身)

山形医療技術専門学校は理学療法士と作業療法士を養成する4年間の学校です。高齢化社会が進む今、リハビリテーション職は社会を支える重要な職種です。本校はそんな現代のニーズに応えることができるよう幅広い知識・技術を身につけることができます。4年間の道のりは決して楽ではありませんが、頼れる先生方と同じ目標を目指す仲間たち、そしてたくさんの患者様、臨床の現場で働くスタッフの方々が自分を大きく成長させてくれます。

興味のある方はぜひ本校にいらして下さい。