イメージ画像

学科紹介 Department

理学療法学科

多様化する社会のニーズに応えられる広い視野と実践力のある理学療法士を養成しています。

高齢化社会の急速な到来、健康の維持・増進などを背景に社会のニーズはますます多様化しており、保健・医療・福祉全般にわたる広い視野、高い教養と実践力を持ち、豊かな人間性を備えた理学療法士が望まれています。本校では学生主体の学修方法を重視し、問題基盤型学習を軸として問題解決能力の育成を教育目標とした授業を取り入れています。

学びのポイント

意欲ある人が積極的に学べる、最高の教育環境を整備。基礎から実践に至るまで、充実したカリキュラムで個々の能力を存分に引き出します。

豊富な実習で実践的な技術を磨く
1年次から段階的に臨床経験を積み重ね、4年間の臨床実習は合計1,215時間!実際の医療現場で必要とされる実践的な技術を徹底的に磨き上げるためのカリキュラムです。
自ら考え自ら学ぶアクティブラーニング
理学療法士は対象者の抱える問題を的確に評価し、解決するためのアプローチを行います。本校では、『問題解決能力』の育成を重視し、学生主体の授業を多く取り入れています。
予防リハビリを学び高齢社会に対応
日本の高齢人口は、この先も増加傾向が続きます。そこで、今求められているのが予防のためのリハビリテーション。身体機能の衰えを防ぎ、元気に暮らしていくための予防的な技術を学びます。
最新設備で人体を科学的に理解する
三次元動作解析装置をはじめ、筋力測定機器、呼気ガス分析装置や重心動揺計などの設備機器が充実しており、人体を科学的に理解するための学修環境が整っています。

学科の特色

医学の発展とともに進歩する理学療法の世界に対応すべく、最新のリハビリテーション機器や情報を授業に取り入れながら、幅広い分野の知識と技術を着実に伝えていきます。時代のニーズに即した理学療法をしっかり学べるのも四年制教育ならではの強みです。

  • 運動療法Ⅰ・Ⅱ
    運動療法Ⅰ・Ⅱ

    運動療法の種類や方法、身体に与える影響、各種疾患に対する適応や禁忌について理論を学ぶとともに技術を修得します。

  • 理学療法評価学実習
    理学療法評価学実習

    理学療法評価に関する関節可動域測定、筋力測定、感覚検査などの検査・測定の方法を学び技術を修得します。

  • 日常生活活動学
    日常生活活動学

    人が生活するために必要な身体動作についての概要と評価方法、疾患に応じた介助や指導方法に関する知識と技術を学びます。

  • 理学療法研究法Ⅰ・Ⅱ
    理学療法研究法Ⅰ・Ⅱ

    科学的根拠に基づく理学療法を行うため研究の必要性を学び、研究活動に必要な一連の過程(テーマ決定から論文作成)を学びます。

カリキュラム

基礎分野 … 科学的思考の基盤、人間と生活、社会の理解
専門基礎分野 … 人体の構造と機能及び心身の発達、疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進、保健医療福祉とリハビリテーションの理念
専門分野 … 基礎理学療法学、理学療法管理学、理学療法評価学、理学療法治療学、地域理学療法学、臨床実習

分野 1年次 単位 授業時数
1年次総授業時数/930(33単位)
基礎分野 モラル学 1 15
情報処理 2 60
国語表現法 2 30
体育実技 2 90
総合英語Ⅰ 2 30
総合英語Ⅱ 2 30
人間関係論 2 30
専門基礎分野 基礎解剖生理学 3 90
運動機能解剖学 1 30
神経解剖生理学 1 30
内臓解剖生理学 1 30
体表解剖学実習 1 45
臨床心理学 1 30
解剖学見学実習 1 45
生理学実習 1 45
運動学Ⅰ 2 60
運動学Ⅱ 1 45
リハビリテーション概論 1 30
チーム医療論 1 15
専門分野 理学療法概論 2 60
職業倫理学 1 15
理学療法評価学 1 30
理学療法見学実習 1 45
分野 2年次 単位 授業時数
2年次総授業時数/1020(34単位)
基礎分野 医学英語 2 30
専門基礎分野 人間発達学 1 30
病理学 1 30
整形外科学 2 60
内科学 2 60
神経内科学 2 60
精神医学 1 30
小児科学 1 30
老年医学 1 30
一般臨床医学 1 30
地域包括マネジメント論 1 15
専門分野 病態運動学Ⅰ 2 60
病態運動学Ⅱ 2 60
理学療法評価学実習 3 90
理学療法治療学 1 30
運動療法Ⅰ 2 60
物理療法Ⅰ 1 30
物理療法Ⅱ 1 30
日常生活活動学 2 60
義肢装具学Ⅰ 2 60
地域理学療法実習 3 135
分野 3年次 単位 授業時数
3年次総授業時数/1035(33単位)
専門基礎分野 臨床薬学 1 15
救急救命学 1 15
公衆衛生学 1 15
専門分野 理学療法研究法Ⅰ 1 30
理学療法研究法Ⅱ 3 90
理学療法管理教育学 1 15
理学療法評価学演習Ⅰ 2 60
理学療法評価学演習Ⅱ 2 60
運動療法Ⅱ 2 60
日常生活活動学演習 3 90
義肢装具学Ⅱ 1 30
理学療法治療学演習Ⅰ 1 30
理学療法治療学演習Ⅱ 2 60
理学療法治療学演習Ⅲ 2 60
地域理学療法学 1 30
地域理学療法学演習 2 60
理学療法評価実習 7 315
分野 4年次 単位 授業時数
4年次総授業時数/840(20単位)
専門分野 理学療法総合演習Ⅰ 2 60
理学療法総合演習Ⅱ 2 60
総合臨床実習Ⅰ 8 360
総合臨床実習Ⅱ 8 360

教員紹介

杉原 敏道

教育部部長杉 原 敏 道

(理学療法士)
E-mail
sugihara@ymisn.ac.jp
学生への期待
理学療法士に対するニーズは多様化してきております。そのため、臨床では理学療法以外の様々な知識が必要とされる場面もあるでしょう。学内での学習に留まらず、友人関係や恋愛など多くの経験を通じてたくさんのことを学んでほしいと思います。
長沼 誠

学 科 長長 沼  誠

(理学療法士)
E-mail
naganuma@ymisn.ac.jp
学生への期待
現状に妥協せず、常に向上心を持って多くのことを学んで欲しい。
舩山 貴子

主 任舩 山 貴 子

(理学療法士)
E-mail
funayama@ymisn.ac.jp
学生への期待
生涯にわたる自己学習能力と問題解決能力を備え、理学療法の楽しさを見出して欲しいと思います。
田中 基隆

教 員田 中 基 隆

(理学療法士)
E-mail
tanaka@ymisn.ac.jp
学生への期待
理学療法に必要な知識・技術だけでなく、社会人としての対応も学んで欲しいと思います。
福田 守

教 員福 田  守

(理学療法士)
E-mail
fukuda@ymisn.ac.jp
学生への期待
「なぜ?どうして?」と一歩踏み込んだ考えが出来るように取り組んで欲しいと思います。
高橋 玲子

教 員高 橋 玲 子

(理学療法士)
E-mail
takahashi@ymisn.ac.jp
学生への期待
理学療法士として世の中に出た時、患者様から“ありがとう”といわれて恥ずかしくない理学療法士になれるよう、日々の努力を惜しまないで欲しいと思います。
荒井 正志

教 員荒 井 正 志

(理学療法士)
E-mail
arai@ymisn.ac.jp
学生への期待
知識や技術のみならず、様々なものに触れ、感じ、学び、そしてそれらを糧に器の大きい誠実な理学療法士になって欲しいと思います。
佐藤 友美

教 員佐 藤 友 美

(理学療法士)
E-mail
t-sato@ymisn.ac.jp
学生への期待
考える力・伝える力・助け合う力を身につけてもらい、「すべては患者さんの健康のため」に頑張り続けられる理学療法士を目指してもらいたいです。

在校生・卒業生の声

在校生からのメッセージ
大沼 永樹

理学療法学科2年大沼 永樹

(日本大学山形高等学校出身)

私は患者様一人ひとりとしっかり向き合い、信頼されるような理学療法士を目指しています。そのために日頃から挨拶や礼儀を心がけ、相手の立場になって物事を考えることを意識しながら生活しています。

入学当初は分からない知識ばかりで不安がありましたが、丁寧に指導してくださる先生方や勉強の相談などに親身になって応じてくださる先輩方のお陰で安心して勉強に励むことが出来ています。また、講義では学生主体に展開されているものが多く、共通の目標を持つ仲間たちと協力し合いながら、充実した学校生活を送っています。

小林  諒

理学療法学科4年小林  諒

(山形県立山形南高等学校出身)

私は患者様一人ひとりに心から寄り添い、信頼される理学療法士を目指しています。学内での学習では、症例検討を通して臨床的な考え方や評価技術、治療方法を中心に学んでいます。難しさもありますが、先生方が一つひとつ丁寧かつ熱心に指導してくださり、クラス内でも様々な意見を交わしながら切磋琢磨しています。実際に病院で実習をさせていただく機会もあり、患者様との関わりを通してより一層理学療法士になりたいという思いが強くなりました。充実した環境で学べることに感謝し、目標に向かって日々仲間とともに勉学に励んでいます。

卒業生からのメッセージ
相馬 亜美
〈就職先〉岩手医科大学付属病院

理学療法士相馬 亜美

(山形県立山形中央高等学校出身)

私が理学療法士を目指したのは、高校時代にサッカー部のマネージャーをしていたことがきっかけです。怪我をしている部員に何もできない自分がもどかしく感じている時、理学療法に興味を持ちました。本校では、理学療法士になるために必要な知識や技術を熱心に教えて下さる先生方や共に切磋琢磨していく友人と勉強に励んでいます。また、勉強だけでなく社会人として必要な挨拶やコミュニケーション能力も身につける事ができます。本校で学んだ事を活かしながら、患者様に信頼していただける理学療法士を目指し、日々精進していきたいと思います。

橋本 昂介
〈就職先〉船橋整形外科クリニック(千葉県)

理学療法士橋本 昂介

(東海大学山形高等学校出身)

高校時代、サッカー部に所属していた時に怪我をし、部活に来てくださっていた理学療法士にお世話になり、私も理学療法士になりたいと思い目指しました。入学後は、わからない事ばかりで1からのスタートでしたが、先生方や一緒に勉強した仲間のおかげで最後までやり遂げることができました。また、勉強だけでなく、社会において必要な挨拶などの礼儀や時間の管理などの情意面も学ぶ事ができました。この学校で学んだ事、同じ目標に向かって仲間と励んだ時間は私にとって大きな財産となりました。この学校で学んだ事を次のステージでも活かしていきます。